プロペシアのジェネリック.com

「AGAに効果のあるフィナステリド系医薬品を飲んだのに脱毛が前よりひどい!」といった経験談が多くあります。
実はプロペシアやそのジェネリック薬を服用し始めると初期脱毛というものが起こる可能性があるのだそうです。

初期脱毛が起こる原因ははっきりと解明されてはいないそうですが、現在までの研究によれば『ヘアサイクル』が関係しているのではとされています。
そもそもプロペシアやそのジェネリック薬は男性ホルモン(DHT)を抑制し早期脱毛を防ぎヘアサイクルを正常に戻すことでハゲ・薄毛を改善するお薬です。
ですので服用後に起こる可能性のある初期脱毛とは「ヘアサイクルを正しいサイクルに戻す前段階として起こる症状」と捉えられるのだそうです。

実際に初期脱毛が起こってしまっても大体一ヶ月程度で治まるそうで、3〜6ヶ月もすれば薬が効いていると実感できるほどに薄毛が改善されることがほとんど。逆に初期脱毛に驚いて途中でやめてしまうと無駄にお金を払ってただ脱毛しただけという悲惨な結果が訪れることに・・・。
もちろん3ヵ月以上使用を継続しても「全く効果がない」という場合は別です。AGAではなく他の要因(円形脱毛症、その他疾患)の可能性もあるので改めて医師に相談する方が良いでしょう。

私も経験がありますが、初期脱毛は意外とショックがデカかったりします。もし気になる場合は、プロペシアと同じ効果を持ちながらも安価でコストパフォーマンスの良いフィンペシア等プロペシアのジェネリック薬を使用することをオススメします。