プロペシアのジェネリック.com

プロペシアおよびプロペシアのジェネリックを服用する場合、いくつか気に留めておきたい注意点があります。

以下にまとめましたのでご覧下さい。

1.アルコールは控えたほうがよい?
通常、何らかの病気になれば」アルコールやタバコを控えるように」・・・といった注意がお医者さんからあることでしょう。ですから「AGAも治療は治療だから・・・」と不安になることもあるかもしれません。
しかし基本的にプロペシアとそのジェネリック薬はアルコールとの相互作用は確認されないと言われています。ですので普通にたしなむ程度にお酒を飲むくらいなら全く問題はないと言えるでしょう。

ですが毎晩深酒をするような人であれば肝臓が弱っている可能性があります。肝臓が弱っているとフィナステリド系医薬品の副作用というのは生じやすくなると言われています。
直接的な相互作用がないからといって安心せず、週に一度くらいは休肝日を設けたほうが良いでしょう。健康のためにもその方がいいですよ!

2.献血・輸血はNG!
プロペシアやそのジェネリック薬を服用中は献血・輸血はできません。というのも血中のフィナステリドの成分が胎児へ影響すると考えられるためです。
例えば輸血を通して妊娠中の女性の体内にフィナステリドが入った場合、胎児の成長が不完全になってしまうことがありえるのだとか。
もし献血・輸血をしたいという場合は服用を1ヶ月中断し血中のフィナステリドが抜けきってからになります。緊急の手術など場合はフィナステリド系医薬品を服用していることを医師に説明をしましょう。

3.前立腺ガン検査で・・・
AGA治療をしようと考える人は30代〜という人が多いと思いますが、それくらいの年齢になるとほとんどの人が人間ドック等に行かれると思います。
その時『服用中の薬』を聞かれる・記載することがあるはずですので必ずプロペシアやそのジェネリックを服用中ということを伝えてください。
フィナステリド系医薬品は前立腺ガンの腫瘍マーカーであるPSA値をおよそ半減させると言われています。つまり医師は検査に来た方が服用中であることを考慮しPSA値を倍にして結果を見る必要があるからです。
もし服用中であることを伝えなかった場合、最悪前立腺ガンを見落としてしまう可能性もありえます。必ず伝えましょう。

4.他の薬と併用するのはOK?
現在のところ併用を避けなくてはいけない薬(併用禁忌)は確認されていないとされています。
とはいえ発見される可能性もありますので、気になる場合は医師へ相談してみるといいかもしれません。