プロペシアのジェネリック.com

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は基本的に先発医薬品と含有成分・効果効能などに違いはありません。とうぜんプロペシアのジェネリックにおいても男性ホルモン(DHT)を抑制し脱毛を抑え、ヘアサイクルを正常に戻すことで毛髪を太く長くする。といった効果に変わりはないのです。

とはいえ先発品=正規のものとして、信用・信頼のあるものを使用したいと考える人もいます。それはもちろん間違いではありません。コチラでも書いていますが、海外ジェネリック品の個人輸入業者の中には悪徳なものもあり、さらには製薬工場で偽薬を製造し輸入業者が知らずに販売しているケースもあります。
高くても信用のあるプロペシアを使用し続けたいと考えるのは間違いではないのです。

例えばプロペシアのジェネリックであるフィンペシは非常に人気が高く代表的な医薬品です。しかし現在製造されているフィンペシアにはコーティング剤として発がん性物質とされる“キノリンイエロー”が使用されることとなり、やや人気に陰りがでてきました。

最近ではフィナロ、エフペシアなどのキノリンイエローフリーのプロペシアジェネリックに注目が集まっています。またコチラでも書いたフィンカーなどの他の目的で製造されたにもかかわらず同成分が配合されている医薬品にも注目が集まっているようです。

プロペシアのジェネリックはネットで個人輸入業者を通し誰でも簡単ん入手できます。だからこそ信用できる業者、人体に影響がない薬を選びとることが大切です。