プロペシアのジェネリック.com

コチラでも書きましたが、プロペシアは効果が高いものではあるものの保険がきかないため継続使用するには非常に高価であることがデメリットです。

「お金はないが薄毛を改善したい」そういった思いを持つ人は非常に多いでしょう。
そこで注目したいのは“プロペシアのジェネリック”です。

ジェネリックとは物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造・共有する医薬品のことで、後発医薬品などと呼ばれます。新薬である先発医薬品と有効成分や効果などは同等でありながら研究・開発費が少なく、ジェネリック医薬品は安価で入手することが可能です。

プロペシアのジェネリックにはフィンペシア、エフペシアなどといったものがあり価格は1ヶ月分で約2〜4000円程度とかなり安価です。
また前立腺肥大症用の医薬品にフィンカーと呼ばれるものがあります。プロペシアと同じ成分が約4倍程度入っていることから分割して使用することで費用を抑えるという人もいるようです。ちなみに4分割した場合、1ヶ月約1000円程度でプロペシアと同等の効果が期待できる医薬品としては最もコストパフォーマンスが高いため愛用者が増えているようです。

主に個人輸入、個人輸入代理店での入手になりますが悪質な業者の場合、有効成分であるフィナステリドが含まれていないいわゆる「偽薬」を販売しているところもあるとのこと。また製造工場で儲けるために偽薬を作り代理店も知らないうちに販売してしまっているケースもあるようです。

プロペシアのジェネリックを入手する場合はなるべく信用できるところ、できれば第三者機関での成分調査・成分の証明書が出されているところが良いでしょう。