プロペシアのジェネリック.com

医食同源というように、食事は人間の健康づくりにおいて最も大切なことの一つです。頭皮や髪も身体の一部。とうぜん薄毛対策にも食事はとても重要な要素といえます。食を改善して頭皮を健康にしていきましょう。

髪の毛の主成分は「ケラチン」です。タンパク質の一種になります。健康的な髪をつくるには積極的に摂っていく必要があります。タンパク質が含まれる食品は肉や魚、卵や乳製品などです。お肉は脂肪も多いので注意しましょう。植物性タンパク質である大豆などは低カロリーなので肥満防止にもなります。納豆や豆腐などを1日1食摂っていくと良いでしょう。

ミネラル分も髪の生成に重要です。特に「亜鉛」が不足すると「ケラチン」が合成しにくくなります。髪の成長促進のためにはしっかりと「亜鉛」を摂りましょう。豚レバーや魚介、特に貝類に豊富に含まれています。アーモンドなどにも含まれています。ナッツ類はビタミンもあるのでおやつなどに食べてみるのも良いでしょう。ただ油分もあるので食べ過ぎは注意です。

アンチエイジングの意識もあると髪には良さそうです。細胞の働きが衰えれば、発毛も弱まります。ビタミンA、C、Eなどを摂って活性酸素を除去していきましょう。細胞や皮脂の過剰な酸化を防いでくれます。ビタミンAは緑黄色野菜やレバーに多く含まれています。細胞分裂を良くするので、フケ症などの場合はオススメできます。肌の調子を整えるビタミンとしても有名ビタミンC。コラーゲンの生成をサポートして頭皮環境を整えてくれます。レモンやミカンなどのかんきつ類、野菜に含まれています。サプリも多いので気軽に摂れると思います。ビタミンEは血管を拡張して血流を高めます。血行が良くなれば頭皮に栄養を十分に送ることができるようになるでしょう。髪の生成には欠かせません。ナッツ類、魚介類、ごまなどに多く含まれます。アーモンドと小魚のお菓子など、昔から良くある組み合わせですよね。積極的に食べましょう。

「ワカメがハゲにいい」なんて言いますが、実際はどうなのでしょうか?直接的に「髪が生える」ということではありませんが、健康になれることは間違いありません。ミネラルを多く含むので髪の主成分「ケラチン」の合成を促してくれます。繊維も多いのでデトックス効果もあります。余分な油分を排出するなど抗酸化作用があるので間接的に「頭皮環境を良くする」とは言えそうです。

バランスの良い食事は体を健康にし、頭皮環境を整えてくれます。色々なものを食べて、髪の毛が生えやすい状態をつくっていきましょう。