プロペシアのジェネリック.com

薄毛で悩む人ならば「シャンプーの仕方」にこだわっているはずです。もし何も考えずに「ただ洗っているだけ」ではいけません。ぜひ正しいシャンプーの仕方を覚えて、「髪が生えやすい頭皮環境」に整えましょう!

シャンプーの基本的な考え方は「髪を洗う」ことではありません。「頭皮を洗う・環境を整える」ことです。意外と意識していない人は多く、髪の毛だけワシャワシャ洗っている人は少なくありません。間違った方法では髪を傷め、頭皮には汚れが残ったままになってしまいます。正しいシャンプーで髪が生えやすい状態にしていってください。

シャンプー前には必ず「ブラッシング」をしましょう。まずはブラシで髪を整えるようにしてください。髪がからんでいるのがとれます。からまったままでは洗いにくいですし、髪を引っ張ってダメージを与えることにもつながります。血行も良くなり、ホコリなどの汚れも落とせるます。ぜひやりましょう。

「シャワーリング」も行いましょう。髪を濡らすのではなく、「頭皮を温める」「汚れを落とす」ためです。実はシャワーだけでも髪についた汚れは70%以上洗い流せます。頭皮も温まり、皮脂汚れも浮きやすくなるので2〜3分を目安に行ってください。

「シャンプー」は少量で十分です。ブラッシングやシャワーリングで髪の汚れが落ちているため、泡立ちが良くなっています。少ない量を取って手の平でしっかり泡立てましょう。

「洗髪」ではなく「頭皮マッサージ」をする感覚で頭を洗いましょう。爪を立てずに指の腹で軽く揉むようなイメージです。ここまでの段階ですでに汚れは落ち、皮脂も浮いているので軽いマッサージでも清潔になります。強くゴシゴシ洗うと頭皮に傷をつけるおそれがあるので注意してください。

洗い流す「シャワーリング」は入念に行いましょう。シャンプー剤が残っているとフケやかゆみの原因になります。頭皮環境に良くないのでしっかり落としてください。髪の長さにもよりますが2〜3分が目安です。

「リンス」はなるべく毛先だけにつけるようにしましょう。頭皮にはつける必要はありません。種類によっては「頭皮の血行を良くする」ものもあります。そういったものに関しては軽くつけてもかまいません。終わったらシャンプー同様にしっかり洗い流しましょう。

「タオリング」や「ドライヤー」にも気を配りましょう。タオルは軽くたたくように髪の水分をとってください。ガシガシやると髪を引っ張ったり頭皮を傷つけます。ドライヤーは熱くなりすぎないように気をつけましょう。一気に乾かすと乾燥の原因になります。送風程度で遠くから風を当てるくらいで十分です。

薄毛・ハゲの予防・改善には頭皮環境を整えることが大切です。プロペシア治療を続けているAGA患者の方もぜひ気をつけていってください。健康的な頭皮で薄毛・ハゲを克服しましょう!