プロペシアのジェネリック.com

薄毛やハゲで悩む人にとって「抜け毛」はとても不安になるものです。実は「毛が抜けやすい季節」があるのをご存知でしょうか?人間は気候によって左右される生き物です。髪の毛も四季によって抜けやすい時期というものが存在します。

季節による抜け毛の変動についてはいろいろと説があります。一般的には「春から初夏、秋口は抜け毛が増える」と言われています。我々人間の自律神経の働きによるものです。

人は生命活動をするために自分では気が付かない部分で体を微調整しています。暑ければ涼しくなるように汗をかくし、寒ければ体を温めるため体が震えます。環境によって受ける体の刺激に対応するようになっているわけです。同じように髪の毛や頭皮も季節の変動によって微調整されています。

春から初夏にかけての抜け毛は暑さに対応するためのものと考えられています。冬の寒さから徐々に温かくなるのに合わせて細胞が微調整されていきます。秋口は逆に冬に向けて寒くなるのに対応できるように調整されていきます。それぞれの気候にあわせて毛が生え変わるというわけです。

人は1日に50本〜100本は自然に毛が抜けます。これはあくまでもおおよその目安です。ある調査では3月ごろが最も抜け毛が少なく、平均で100本未満になります。最も多い9月では250本を超えるようになります。季節によって微妙に変化することで、頭皮もまた環境に対応しようとしている証拠といえるでしょう。

季節の変わり目による抜け毛の変化はあります。春から初夏、秋口などに「あれ?抜け毛多くない?」と思ってもあまり心配する必要はありません。人間の生命活動に必要なことです。

ただ心配なのは「抜け毛がうぶ毛ばかり」という時。成長しきらない毛が抜けやすいときはAGAの可能性があります。どうしても心配という場合は専門医を受診したりしましょう。プロペシアによる治療が必要です。