プロペシアのジェネリック.com

一言に「髪の毛」といっても実は種類があるのを知っていましたか?健康的な髪の毛とAGAの髪ではその質に大きな違いがあります。自分のヘアーはどうなっているのか、チェックしてみてください。

髪には大ざっぱに硬毛と軟毛にわけられます。硬毛とは健康的な髪のことです。AGAでない成人男性であれば普通は太くツヤ・コシのある硬毛になっています。軟毛は細くて色素も薄くなっています。一番イメージしやすいのは「赤ちゃんの毛」です。赤ん坊の髪は柔らかくて、色素も薄いものです。通常、幼児期から思春期に向かって髪質が変わり、軟毛が硬毛になっていきます。

AGAになってしまうとヘアサイクルが短くなります。成長をする前に抜けるため細く短く色素の薄い「軟毛」ばかりになっていきます。抜け毛も増えますが、薄毛をより決定づけてしまっているのは「赤ん坊のような軟毛」です。太かった髪が細くなれば髪の密度は減ります。色素も薄いため頭皮が透けやすくなってしまうでしょう。結果として「薄毛・ハゲな頭」になってしまうわけです。

薄毛を解消するには軟毛を硬毛に変えていくほかありません。長い年月をかけてしっかりと成長させて太く濃い髪質にしなくてはいけません。そのためにはヘアサイクルを正常に戻し、成長期を短くさせないことが必要です。

プロペシアはDHTを抑制しヘ毛包の健全なヘアサイクルを取り戻してくれます。細く薄い「頼りない髪」ではなく、太く濃い「しっかりとした髪」にします。早期のプロペシア治療なら「赤ん坊の軟毛」から抜け出しましょう。「大人の頼りがいのある硬毛」を取り戻すことができます!諦めずに頑張ってくださいね。