プロペシアのジェネリック.com

風呂場の排水溝に溜まった抜け毛を見ると「ガックリ」としてしまいます。薄毛になると特に気になるものです。とはいえ健康な状態であっても髪は自然と抜けるものです。あまり気にし過ぎるのもストレスになってしまいます。ヘアサイクルについて少し学んでみましょう。

髪の毛にはそれぞれ寿命があります。発毛して成長して抜ける、簡単にいうとその3段階になります。髪を発毛させる毛包は成長期、退行期、休止期のいずれかの状態になっています。常にグルグルと回っているわけです。

髪が伸びている状態、つまり成長期が最も長い期間あります。健康な毛包であれば2〜6年は続いてくれます。しかしAGAになると男性ホルモンDHTが毛包に影響し、一気に成長期が短くなります。長くて1年程度、短ければ数か月で抜けてしまうでしょう。抜けなくとも、成長は阻害されるので「細い毛」「うぶ毛」ばかりになってしまいます。次第に休止期の方が長くなってしまいます。毛包の活動も徐々に衰えていき、ついには「発毛しない=ハゲ」という恐ろしい事態になってしまうわけです。

ヘアサイクルを正常に戻し、成長期を通常の2〜6年にするにはDHTを抑制する必要があります。毛包を守り、髪をたっぷり成長させるためです。プロペシアやそのジェネリックにふくまれるフィナステリドはDHTの働きを抑制させます。ヘアサイクルが通常に戻り、徐々に薄毛が改善されていくでしょう。プロペシアの効果が実感できるには3〜6ヵ月は必要です。1年でだいたい58%もの人が改善を実感しています。「すぐに効果がでない!」と諦めずに、ぜひ続けていってください。AGAによる薄毛やハゲは治療で治すことができます!