プロペシアのジェネリック.com

年齢とAGAには関係があるのかないのか?ハゲた男性というと中年以降をイメージしますが、10代であっても薄毛に悩まされている人は少なくありません。実際に薄毛・ハゲと年齢との関連性はあるのか?少し調べてみました。

私の話ですが、高校時代から「薄毛」で悩む同級生は何人かいました。いずれも「おでこ」や「頭頂部」から薄くなっていて、細い髪質だったのを覚えています。断言こそできませんが、ハゲ方や髪質にはAGAの特徴がみられます。もしかしたら彼らは10代にして男性型脱毛症が発症していたのかもしれません。

AGAの年齢別発症率の統計によれば20代、30代はそれほど多くなく、40代以降一気に増えていきます。70代になるとおよそ60%の男性がAGAに悩まされています。


AGAの年齢別発症率 AGAの年齢別発症率(参照元

加齢とともに増えているのは確かなようです。ただ10代、20代という若かさでもAGAになる可能性はゼロではありません。若い内は「まだ大丈夫だろう」なんて思う人もいます。一応気にして市販の育毛剤を使っているような人もいます。ハッキリ言って、放っておくのも、意味のない育毛もAGAを止めることはできません。プロペシアを飲まなくては治療をすることはムリです。 30代、40代以降なら「AGAかな」と思い、治療も適切に行えるでしょう。しかし若いうちは知識もなくなかなかそうもいきません。「AGAには年齢は関係ない。何歳でも症状がでる可能性がある」ということを心得ておきましょう。若くても、中年でも、高齢でも、フィナステリド系医薬品で正しい治療をすることが大切です。