プロペシアのジェネリック.com

「最近抜け毛が多い」中年をすぎると髪の毛が抜けることが気になりだします。髪が薄くなるのにはいろいろな理由があります。円形脱毛症、皮膚病などの疾患など様々です。「AGAかどうかを知りたい」という人は、自分の抜け毛を調べてみてください。「抜けた毛の状態」でAGAかどうかを判別することができます。

男性型脱毛症は男性ホルモンDHTが乳頭細胞に影響し脱毛シグナルを発します。ヘアサイクルが乱れ、成長途中の髪が抜けていってしまうようになるでしょう。抜けないにしても、成長は阻害されてしまい、「細く短い毛」「うぶ毛」が目立つようになります。結果的に髪の密度が減って薄毛になってしまうわけです。

そのため「成長しきっていない毛」が抜けるようになります。細くて短くてコシの無い毛はAGAの特徴的な抜け毛です。質の他に量にも特徴があります。通常健康的な頭皮でも1日に50本〜100本ほど髪の毛は抜けていきます。髪の毛が長い場合、切れ毛などもあるのでもうちょっと増えるでしょう。AGAになると脱毛期の毛とともに成長途上の毛も抜けます。つまり倍くらい抜けてしまうわけです。

抜け毛の質と量が特徴的であれば、AGAを疑うべきです。放っておくことはせず、すぐにプロペシアでの治療に入りましょう。男性型脱毛症の薄毛はどんどん進行します。うぶ毛や抜け毛が増えて額は後退し、頭頂部はお皿がどんどん大きくなります。特徴的な情けないハゲかたになってしまいます。プロペシアの有効成分フィナステリドでDHTを抑制してください。継続使用すればヘアサイクルは元に戻ります。根気よく続ければ薄毛を改善することはそう難しいことではありません!