プロペシアのジェネリック.com

どんな病気でも放っておけば必ず悪化してしまいます。何も対処せずにいれば命にかかわる重大な症状になることもあるでしょう。薄毛も同じです。放っておけばゆっくりですが確実に進行してしまいます。

AGAの患者は全国で1260万人もいます。成人男性の3分の1も薄毛で悩んでいます。悩んでいても何らかの手立てを打っている人はほとんどいません。実際にケアや対処をしている人はたった650万人で約半数しかいないのです。残りの半分の人たちは何もせず「徐々に薄毛」になってしまっています。

海外のある調査によれば「AGAで髪の密度は5年で2分の1以下になる」と言われています。もし自分の髪の毛が今の半分になったとしたら……想像するだけでゾッとしてしまいます。放っておけば、半分どころかもっと進行していきます。早めの対処をしなくてはいけません。

AGAは進行性の薄毛の症状です。放っておけば必ず悪化し、最終的にはツルツルの頭になってしまいます。しかも生え際や頭頂部からきます。「広いおデコ」「河童の皿」状態の恥ずかしいハゲ方をしてしまいます。髪を長くしたり、髪型でなんとかしようにも限界がきます。5年後には抵抗するのもみじめな頭になってしまうでしょう。

症状が初期であれば産毛などは残っています。毛包が残っているためです。たとえ薄毛でも毛包さえ残っていれば髪の毛を復活させることは可能です。プロペシアを継続的に服用していきましょう。毎日飲んでいけば改善できます。実際にプロペシア1mgの投与で1年後には58%、2年間で68%、3年間で78%の改善の効果があります。AGAの原因であるDHTを抑制する唯一の成分フィナステリドが含まれているためです。

「歳だし薄毛も仕方ない」「何をやってもムダ」と諦めるのはやめましょう。放っておけば今よりももっと悪い状態になります。AGAの進行を止め、薄毛を解消するためにもプロペシアで治療を開始しましょう!