プロペシアのジェネリック.com

AGAとは「男性型脱毛症」のことを言います。男性特有の薄毛の症状です。成人以降、徐々に髪の毛が薄くなっていきます。額の生え際や頭頂部が薄くなっていく特徴があります。どちらか一方、もしくは両方いっぺんに薄毛が進行していきます。

「親族にハゲている人がいるとハゲやすい」という話がありますが、AGAはまさにそれです。遺伝や男性ホルモンの影響で薄毛の症状がでてしまいます。

AGAが発症すると髪のヘアサイクルが乱れてしまいます。DHTという男性ホルモンが髪の毛の成長に影響するためです。通常髪の毛は「発毛⇒成長⇒脱毛⇒休止⇒発毛」というサイクルを繰り返しています。通常の場合、成長期は2〜6年続きます。健康な状態であれば髪の毛は太く長く成長していくでしょう。AGAとなるとDHTが髪の成長期を抑制します。DHTに影響された毛は異常に短くなり、細く短いものばかりになってしまいます。細くなれば髪の密度が減ってしまいます。つまり「薄毛状態」になるわけです。さらに「成長⇒脱毛」の感覚が短く早い段階で抜けてしまいます。ヘアサイクルが追い付かなくなってしまうでしょう。結果として「ハゲ」てしまうわけです。

AGAの予防のためにはプロペシアの服用が効果的です。薄毛・抜け毛の原因となるDHTを抑制してくれます。ヘアサイクルが正常になれば髪もしっかりと成長します。これまですぐに抜けていた髪が2〜6年成長してくれるようになるでしょう。抜け毛は減り、太く長い毛が増えていくようになります。髪の毛の密度が上がって薄毛は解消されることでしょう。

市販の育毛剤やシャンプーにはDHTを抑える成分は含まれていません。「いくら使っても薄毛が解消されない」という人は、ぜひプロペシアを使ってみましょう。